赤ちゃんと旅行はいつから?温泉生後8ヶ月体験記

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉,テーマパーク旅行体験記をご紹介しています。

赤ちゃんの旅行はいつから?について、この記事をお読みいただきまして有難うございます。

赤ちゃんの旅行はいつから?という悩みをお持ちの方の中には、

・生後3.5.8ヶ月の赤ちゃん連れ旅行は大丈夫?

赤ちゃんの旅行で荷物は?

赤ちゃんの旅行で温泉等に行けるのはいつから?

こうした悩みをお持ちの方も多いですね。

このサイトは、私達が2児の子育てで体験した事を活かしながら、これからのパパママに育児ストレスの手助けをしたいと思い備忘録として各記事をご紹介してます。

この記事は、サイト管理人2児ママの夫が担当しています。

赤ちゃんの旅行はいつから?について、いくつか旅行を楽しんだ私達。

この記事では、温泉旅行に焦点を絞りながら、

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行は生後何ヶ月?

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行の注意点や荷物体験記

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行オススメの計画法

以上の内容についてご紹介してますので、赤ちゃん連れ旅行計画の育児ストレス解消に役立てて下さい。

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行は生後何ヶ月?

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行体験記

赤ちゃんの旅行はいつから?という悩みについてまずは時期についてご紹介していきます。

赤ちゃんの温泉旅行はいつから?生後9ヶ月で体験した我が家

私達が実際に赤ちゃんとはじめて旅行したのは生後9ヶ月でした。

その当時の赤ちゃんの様子は、

・伝い歩きをしていた。

・おむつはまだ取れない。

・離乳食生活。

・腰もすわり、一人すわりが可能な状況。

こうしたどこにでも居る普通の成長過程でした。

赤ちゃんの成長について気になる方は、

赤ちゃんの成長曲線まとめ

にて、生後と成長過程を実際の私達の赤ちゃんの記録を含めてご紹介してますので、参考にして下さい。

なぜ温泉旅行を選んだのか?をご紹介してきます。

赤ちゃん連れの生後8ヶ月旅行に温泉を選んだ理由

赤ちゃんと旅行に行く。

この希望を家族で話し合っている中で、私たちは以下のようなポイントを心配しました。

・周りの風邪や流行するインフルエンザなどの影響は大丈夫か?

・人混みの移動をできるだけ心配しない場所に行きたい。

・あまり色々行く必要がない一箇所でものんびりできる場所に行きたい。

こうした候補を考えた結果、私たちは温泉という選択肢にたどり着いたんです。

温泉といえば、温泉街。

こんなちょっとした場所があるだけでも、

・ベビーカーで外を散歩も出来る。

・足湯程度なら、腰が座っていればフォローできる。

・お風呂に何回か入る事も出来るから、退屈解消にしやすい。

このような選択肢から、赤ちゃんを連れてのはじめての旅行を温泉にすることにしました。

では続いて、

赤ちゃん連れの旅行で温泉に行くときの荷物や注意点をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行の注意点や荷物体験記

赤ちゃんの旅行はいつから?という計画を考える上で、温泉旅行だからこその荷物や注意点を体験からご紹介していきます。

赤ちゃんの温泉旅行生後8ヶ月で注意した荷物

私達が実際に温泉旅行を楽しんだ赤ちゃんとの旅行。

この時の荷物で特に気をつけたのが、肌着を多めに持って行ったこと。

何故か?

場所が普段と違う事から、体温調整が大人と違う赤ちゃんの反応に想像がつかなかったから。

温泉といえば、

・少し小高い場所にある施設(箱根等の山にある地域等)

・町中より天候の変化のしやすい地域。

・夜間の冷えとエアコンの調整が解らない不安。

このような想定がつきにくい条件を行ってから困るのは嫌だったんです。

そこで、

少しでも肌着の種類を持ちながら、対応できる準備を整えました。

赤ちゃんの温泉旅行生後8ヶ月で注意した施設選び

私たちは、温泉旅行に1歳未満の赤ちゃんを連れての温泉旅行では施設にもこだわりました。

中でも特に注意して確認したのは、

・離乳食持参の許可。

・おむつをしている赤ちゃんも入れる温泉かどうか?

・施設内の客室とお風呂の移動距離。

・建物内の段差

・部屋食の有無

こうした事を考慮しました。

慎重になっていた理由は、私達が妻が妊婦の頃、夫婦で温泉旅行に行った時の思い出があったから。

当時妻は、

・客室露天風呂でないと、急な体調変化など何かあった時、困る。

・レストランで食べるより、部屋食がこんなに楽だと思わなかった。

こうした感想を持っていました。

よって、

妊婦では自分のことだけだったのが、赤ちゃんという神経を使う環境に少しでも安心を求めていました。

もう何度も温泉旅行に慣れている方もやはり赤ちゃんがいるのは別物。

実際に、1歳未満の赤ちゃんと一緒に温泉に行って感じた注意点は以下のポイントでした。

・赤ちゃんが居るというだけで、時間と手間が旅行だと倍必要な気がする。

・「移動するのは、ベビーカーだから」と思っていてもついつい心配で集中できない。

こんな赤ちゃんという子供がいるだけで、おむつを変えたり、授乳をしたりという移動も全てが夫婦二人とは全く違います。

ですから、

時間的余裕は十分にとって下さい。

過密スケジュール大好きだった私達夫婦もこの温泉旅行をきっかけに欲張らない家族旅行に徹底する様になりました。

では最後に、

赤ちゃんの旅行はいつから?宿泊予約等の計画のたて方をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの旅行はいつから?温泉旅行オススメの計画法

赤ちゃんの旅行はいつから?という中で、温泉旅行を計画する際におすすめの事前準備をご紹介していきます。

赤ちゃんの温泉旅行計画注意点1.数カ月前から予約は要注意!

赤ちゃんの成長過程は人により大きく違います。

ですから、

生後何ヶ月になっているし、こんな感じになるのでは?

こんな未来予想を前提として旅行計画をたてるのは危険です。

特に、温泉等のように温度が高いお湯を好むか嫌いかは2児を育てても全く違いました。

熱いお風呂が大嫌いな上の子。

熱めのお風呂が大好きな下の子。

こうした状況の把握は、あまり未来予測が出来ません。

まずは、「温泉の温度を見ても嫌がらなそうな生活がある」

この前提があるからこそ、安心して連れていける。

未来予想より、今を見て判断しておきましょう。

赤ちゃんの温泉旅行計画注意点2.寝ぐずり

赤ちゃんの温泉旅行計画で注意して欲しいのは、寝ぐずりも一つ。

ベッドで普段寝かせてる。

布団で普段寝かせてる。

この2つだけでもできるだけ馴染みのある環境を用意してあげて下さい。

きっと、寝ぐずり対策に繋がると私達は自分たちの旅行から確信しています。

ベッドに寝たことがない時、初めてベッドに寝かせたら頻回に起きた!

こんな経験を1歳時代でも感じた私達。

少しでも赤ちゃんという夜起きる習慣があるからこそ、この点を意識してあげて下さい。

私達があかちゃんの旅行について、温泉旅行について感じたことは以上となります。

この他にも、赤ちゃんの旅行に合わせて、

赤ちゃんの靴はいつから?見極め方と購入注意点

赤ちゃんとディズニー旅行はいつから?生後6ヶ月体験記

などの体験も子育て比較からご紹介しています。

まとめてチェックしてみたい方は、

赤ちゃんと旅行はいつから?体験まとめ

にて、1歳までに赤ちゃんと旅行に行った体験をまとめてご紹介しています。

また、赤ちゃんの名づけから0歳代の内容については、

赤ちゃん名前生命判断から0歳子育て姉妹体験記まとめ

にまとめてありますのでよろしければこちらも読み進めてみて下さい。

少しでもママのストレス解消のためにも、家族の思い出のためにも、楽しめる赤ちゃんとの旅行を計画してみてください。

この記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ