赤ちゃんが泣き止む動画は要注意?子育て体験記

赤ちゃんが泣き止む動画は扱い方に要注意!子育て体験記をご紹介しています。

赤ちゃんが泣き止む動画について、この記事にご訪問頂きありがとうございます。

赤ちゃんが泣き止む動画を見たい方の中には、

少しでも簡単に赤ちゃんが泣き止む方法を知りたい。

赤ちゃんが泣き止む方法は自分では限界を感じはじめた。

等状況により悩みの課題はそれぞれ異なります。

このサイトは、赤ちゃん子育ての育児ストレスや悩みの改善に少しでも2児を育てた体験が、これからのパパママに役立てばという思いから備忘録としてご紹介しています。

サイト管理人2児ママの夫がこの記事を担当しています。

この赤ちゃんが泣き止む動画については、

赤ちゃんが泣き止む動画を探すチェックポイント

赤ちゃんが泣き止む動画を試して失敗後悔した事

赤ちゃんが泣き止む動画よりおすすめの方法

以上の内容についてご紹介してますので赤ちゃんが泣くという育児ストレス解消に少しでも情報収集の1つとしてお役立て下さい。

赤ちゃんが泣き止む動画を探すチェックポイント

赤ちゃんが泣き止む動画

赤ちゃんが泣き止む動画を使う。

この方法から生まれたメリットをまずはご紹介していきます。

赤ちゃんが泣き止む動画の探し方1.興味関心の観察

赤ちゃんが泣き止む動画という視点で、試したのは、幾つかのYOUTUBE。

しかし、

赤ちゃんは、生後すぐでは目もハッキリ見えていません。

よって、

数ヶ月間の間は、全く効果がないと言っても過言ではありません。

でも、

「音だけでも、どんな物への関心があるのか?」

こうした反応を見ることが出来ました。

実際、数ヶ月経って我が子に泣き止む動画を見せた時、

・丸みがある方が反応が良かった。

・動物などは反応は悪かった。

・青や緑が反応が良かった。

こうした事が、赤ちゃんが泣き止むかどうかだけではなく、一瞬目を止める光景などから見えてきました。

観察という視点では、動画を見せる効果は、こうした視点でもメリットがあると思います。

赤ちゃんが泣き止む動画の探し方2.声OR音

赤ちゃんが泣き止む動画の要素には、大きく分けて以下のような内容が有ります。

・音+絵が動く絵本要素の強い動画。

・歌+人形による教育テレビの様な動画。

・音楽と共に流れる景色による動画。

様々な要素がありますが、あくまでも音が無音の動画は殆ど無いと思います。

そこで、

声があると良いのか?声は無い方がいいのか?

こうした事を観察して好みを見極める事も動画では出来ました。

赤ちゃんが泣き止む動画という要素を探す時には、是非チェックしてみてください。

人か音かという違いも動画選びには非常に個性で分かれてくると2人の姉妹を見ていても感じました。

赤ちゃんが泣き止む動画の探し方3.擬音または語り

擬音という表現では、ブーブー、ニャーニャー等の声による音があると思います。

全く逆に、

物語を読み聞かせるような語りによる動画も有ります。

この2つ、赤ちゃんが泣き止む動画として区別する時も非常にポイント。

・ゆったりとした音楽と語り口調の声だけで画面を見ていないのに落ち着く長女。

・動くという動画の一部での好みから画面を見て泣き止む次女。

こんな違いが我が子の2人にも観察していてハッキリわかりました。

このように同じ動画を見せても、同じ反応をしてくれない。

いくら人気動画を見つけても、我が子が泣き止む動画かどうかは不明。

私達が赤ちゃんの泣き止む動画を探していて最初のチェックポイントは以上となります。

では続いて、

赤ちゃんが泣き止む動画を使って失敗後悔したと思うことをご紹介していきます。

 

赤ちゃんが泣き止む動画を試して失敗後悔した事

赤ちゃんが泣き止む動画を探す。

この作業そのものも溜まり続ける育児ストレスの1つと言えます。

私達が、動画というツールを使ったせいで感じた失敗後悔をご紹介していこうと思います。

赤ちゃんが泣き止む動画で育児ストレス!見せる姿勢

赤ちゃんが泣き止む為の動画をやっと見つけた!

しかし、

この動画をどうやって見せるのか?

この問題は、意外と軽視されてる方も多いです。

赤ちゃんが泣き止む動画失敗後悔

赤ちゃんが寝ながら泣いている。

この状況をあやす場所は、ベッドであり布団。

➔ママはどうやって動画を見せるのか?

この課題を動画を探している最中は無心のあまり気づいていない方が多いです。

妻が赤ちゃんの泣き止む動画を手に入れても、以下の課題が失敗後悔だったと言っています。

・抱っこをしてる時は、動画を見せるのは無理。

・横になってる時、スマホスタンドで見せても角度が合わない。

・まだ首が座っていない時は、見せるのがとても大変。

動画を実際に見つけても、どうやって見せる?

この課題から、

赤ちゃんが泣き止む動画は、あまり機能しなかった時間も多い可能性がある

これが、最初の失敗後悔となりました。

赤ちゃんが泣き止む動画で赤ちゃんもストレス!光

単純に泣き止む動画を考えるにしても、元気に遊ぶ時間であればご機嫌斜めも解消で終わります。

しかし、

スマホやタブレット、テレビ何を使っても、動画と言うのは、光を発しています。

つまり、

視覚に対する疲労は蓄積しやすいのです。

こんな赤ちゃんの状況も日常にはよくある光景だと思います。

・眠りが浅かった翌日の機嫌の悪さ。

・かまって度が強い日の距離感

・些細な音でも簡単に目覚めるお昼寝タイム。

泣き止む動画は、眠たい時などは、確実に逆効果。

よって、

使いたいタイミングと使うべきタイミングが、動画では難しい。

これが、2つ目の失敗後悔原因となります。

赤ちゃんが泣き止む動画で育児ストレス!依存

赤ちゃんが泣き止む動画を使う際に、タブレット、スマホ、テレビ何でも良いのですが、依存って恐怖感は有りますか?

・物心付いた時から、スマホが手放せなくなった。

・テレビを付けるという習慣が早まった。

・スマホを見ると、動画という先入観が刷り込まれやすい環境。

私たちは、2歳のイヤイヤ期にこの動画に頼る生活をしてしまったために、スマホ離れをさせるのに非常に苦労しました。

赤ちゃんの泣き止む動画と言うのは、まさに其の準備期間とも言えるのです。

よって、

少しでも、動画を使うという選択肢を減らす努力をしておけば良かった!

この育児ストレスを未来に抱えない為の心づもりが注意点となります。

では最後に、

少しでも赤ちゃんの泣き止む方法のために、動画を使わずに済む方法について体験からご紹介していきます。

 

赤ちゃんが泣き止む動画よりおすすめの方法

赤ちゃんが泣き止む動画を使うというリスクを考えると、ついつい悩んでしまう。

こんなママ達のために、少しでも私達の2児の子育て体験が役立てばとおいう思いから紹介していきます。

赤ちゃんが泣き止む動画よりおすすめ1.フリーペーパー等の紙を活用

赤ちゃんが泣き止むアプリ等も体験して実感したのは、音による赤ちゃんが泣き止む可能性は高いという結論。

そして、

アプリの中では、生活音という視点から出ている音も多数有りました。

その中でも、誰でも手軽に簡単に出来るのが、フリーペーパーによる音。

・クシャクシャにするという作業から生まれる紙が擦れる音。

・紙を破く音。

・床と紙をこすらせたガサガサとなる音。

特に3つ目の音は、フローリングの床よりも和室の畳がおすすめです。

実際に、我が子も畳で布団を敷いて赤ちゃんの頃は寝ていました。

そのせいか和室での摩擦音や遊ぶという手触りが好きみたいです。

赤ちゃんの聴覚を刺激してあげながら、泣き止む方法という中では最も簡単に出来る無料で出来る方法。

ぜひ、今すぐ試せる事なので、試してみてください。

赤ちゃんが泣き止む動画よりおすすめ2.音アプリ

やはり、動画は見せるという手間も労力も見せる環境も要注意!

だったら、

音に頼るなら、音アプリという選択であれば、ママのストレスも軽減出来ます。

実際に私達が使ったおすすめアプリの体験については、

赤ちゃんが泣き止む音アプリ体験記

にてご紹介してますので、興味のある方は参考にして下さい。

赤ちゃんが泣き止む動画よりおすすめ3.抱っこ紐

なんだかんだと考えても、結論としては赤ちゃんが泣き止むという中には、抱っこ紐という選択肢も有効。

結果的には、

・まえ抱きが好きな子

・おんぶが好きな子

こうした違いは有りますが、やはり赤ちゃんは抱っこで泣き止む事も多いのが実態。

なかなかうちの子は抱っこしても泣きやまない。

こんな時は、少しでも歩くという作業も追加してみてください。

車でなら揺れもあって泣き止むのに。

この原理を活用してみてください。

赤ちゃんが泣き止む方法と言うのは、育児ストレスには欠かせないママの必須情報。

少しでもあなたの赤ちゃんが泣き止む方法を様々な視点から試行錯誤してみてください。

私達がこの他の方法による赤ちゃんが泣き止む方法を0歳時代に試した実践については、

赤ちゃんが泣き止む方法0歳体験記まとめ

にてご紹介していますので、あなたのまだ試していないことがないかを含めて興味があればお役立て下さい。

また、赤ちゃんの名づけから0歳代の内容については、

赤ちゃん名前生命判断から0歳子育て姉妹体験記まとめ

にまとめてありますのでよろしければこちらも読み進めてみて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ