誕生日飾り付け風船の後悔原因と手作り反応比較体験記

誕生日飾り付けに風船を使うリスクより簡単な方法

誕生日飾り付け風船による工夫について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

誕生日飾り付け風船を使うという手法を検討中の方にはこんな悩みもあります。

・どこに頼む?

・風船は何個用意する?

・飾り付け用の風船種類は?

このように、今は風船も形状だけではなく、色も柄なども多種多様な時代だからこそ悩みも増えました。

私のサイトは、2児姉妹の子育て体験を通じて、これからのパパママに情報共有をしながら、ストレスや悩み解消を目的に立ち上げました。

サイト管理人に代わり、この記事はパパが担当します。

誕生日飾り付け風船については、我が家が検討した内容を以下の内容でご紹介していきます。

誕生日飾り付け用風船の費用相場

誕生日飾り付け用風船で後悔すると考えた要素

誕生日飾り付け用風船より100均活用で簡単に作る方法【画像付】

誕生日の飾り付けという作業をできるだけ簡単に、そして誰でも平等に楽しく過ごせる方法として参考にして下さい。

誕生日飾り付け用風船の費用相場

誕生日飾り付け用風船のコスト体験記

誕生日の飾り付けに風船は?

私がママに対して、子供の誕生日に考えた飾り付けの方法がまさに風船でした。

実際に風船を頼んだ時のコストをご紹介していきます。

誕生日等飾り付け用風船の費用は高い!

飾り付け用の風船を単純に100均などで買おうと思って見に行きました。

しかし、こんな事に気付いたんです。

・シンプルな色ばかりで誕生日らしさが無い。

・まちまちな形状ばかりでまとめにくい

・全てを膨らます体力も要する

こうした事情から、少しでも誕生日の飾り付けに沿った風船を探しました。

そして、たどり着いたのは、イベント用風船受注の会社。

誕生日等飾り付け用の風船は、バルーンと検索すると多数出てきます。

特殊なガスを注入することで維持する時間が長いことも特徴の1つ。

中でも安いと思えた商品が↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このような何歳宛かの誕生日の飾り付け用風船なら、コストもかからないと考えたんです。

しかし、結果的には、総合的な視点を含めたら高いと判断がされました。

具体的には、どんな課題が上がったのかをご紹介していきます。

誕生日の飾り付け用風船を使う際に予測すべきリスク

でも、実際にはこんな疑問すら湧きました。

・この風船を子供が持って遊びやすい?

・風船を飾り付けに使って、他の飾りは目立つ?

・長持ちする分、他の飾りが無くなった時、子供はどう思う?

このように子供というのは、一時の楽しみが、続くことを願うと思ったのです。

しかし、誕生日を季節物の飾り同様にずっと飾っておくのも習慣化させたくなかった我が家。

結果的には、取りやめる方向性が進みました。

この他にも、下の子が生まれたことにより考えなければいけない事が増えた我が家。

幼稚園や町内会などで計画する方にはぜひこの続きを参考にしてください。

 

誕生日飾り付け用風船で後悔すると考えた要素

誕生日飾り付け用風船の後悔原因

誕生日の飾りつけ似風船を使うとなにかリスクある?

こんな視点をお持ちの方には、知っておいて頂きたいことをご紹介していきます。

誕生日の飾り付けに風船を使う後悔原因1.喧嘩の元

姉妹となった我が家には、もう上の子の天下だった時代がありません。

・下の子に配慮させなければいけない子育て。

・子供だからこそ、誕生日は下の子の日でも何か欲しがる上の子。

・上の子の誕生日でも下の子は同様に何か欲しがる。

こんな想定は、日々の生活にもありました。

・お絵かき帳

・リモコン

・1つのおもちゃ

何でもおねえちゃんと遊びたがる妹と妹以上にかまって欲しがる姉。

こんな姉妹の間が、実際にイベント等の集団化した際にはどんなリスクになるか?

もう想像がつくと思います。

喧嘩の原因として、風船の取り合いが始まる。

こんな事を幼稚園やイベントで使うのは、勿体ないですよね?

他のもので代替が効かないからこそ、子供の欲しいは難しい。

この意識から、誕生日の飾りつけ用に風船を使うのはやめておく方が良いと考えました。

誕生日の飾り付けに風船を使う後悔原因2.記憶力

子供の記憶力というのは、楽しいことほど覚えてくれている。

これは、非常に親としても嬉しい極み。

しかし、逆に誕生日の飾り付けにまで記憶が残ってる事を想像したことがありますか?

「子供が去年の飾り付けまで覚えてる。」

こんな事が私達の体験にはありました。

実際に誕生日の飾り付けに風船を使った画像が↓

1歳誕生日飾り付け画像

当時は、1歳だった我が子。

この風船もイベント用で簡単に既成品を購入して飾り付けました。

しかし、2年目以降2歳では使っていません。

その時、わが子からこんな言葉が出てきました。

「あれ?風船は?」

売ってなかったという言葉にごまかされてくれましたが、一瞬子供の記憶力が怖くなりました。

安易にどうせ忘れるだろう?は危険ですから十分注意して下さい。

誕生日の飾り付けに風船を使う後悔原因3.遊び道具として

イベント用の特殊風船は特殊なガスにより作られます。

よって、普段の風船が割れる事と雰囲気が違うのかどうなのか全く解りません。

もちろん、誕生日の飾り付け用等の風船は、簡単には割れない素材?を使ってるとは思います。

しかし、相手は子供。

そして、奇想天外な発想や遊び方をするのも子供です。

・風船に乗る。

・風船に何かを書こうとする。

・風船を叩く

こんな日常で単純に想像できることの中で、風船を割るリスクは無数に存在します。

ですから、安全にその後の管理をしていくことを考えるなら、できるだけイベント用の風船は避けるべきだと私たちは考えました。

では最後に、誕生日の飾り付けに風船を使うより簡単で安く済む方法を比較してご紹介していきます。

 

誕生日飾り付け用風船より100均活用で簡単に作る方法【画像付】

1歳誕生日飾り付け画像|新築一戸建てスライドドア

1歳の誕生日飾り付け体験記の記事でご紹介してる画像。

この対処は、ほとんどが100均やよくある物を使っての手作り。

実際に風船も使ったからこそ、感じられた子供の喜びを比較してご紹介していきます。

誕生日の飾り付け風船VS100均活用手作り1.子供からの感謝

誕生日に風船という飾り付けを1度きりですが体験をさせた我が家。

しかし、2歳以降は使わない。

その結果に対する反応を先ほどご紹介してきました。

ですが、2年目以降はほぼ全てママの手作り。

すると、その声に子供は素直にこんな言葉の違いを見せたのです。

誕生日の飾り付けに風船を使った時のことは、「どこで買ったの?」

誕生日の飾り付けにママが手作りで作った事は、「ママ、有難う、とってもうれしいよ」

買物をするという行動に価値が有るのか?それとも、子供との信頼関係というプライスレスに投資するのか?

まさに、こんな言葉で比較することが出来る一面だったと私は客観的に見て感じました。

子供の気持ちを素直に有難うで伝えてくれるのはやはりお金を投資した風船よりママの愛情です。

誕生日の飾り付け風船VS100均活用手作り2.特別扱い防止効果

誕生日の飾り付けを必要とする方には、こんな環境の方もいらっしゃると思います。

・子供が2人以上居る

・集団でのお祝いを検討している。

・お友達をよんでパーティーを予定してる。

こうした環境で、一人主役を演じさせる状況も作れない時、あなたなら、この飾り付けどう考えますか?

私なら、以下のような事を比較検討材料に考えました。

・誕生日の飾り付けを一文字ずつを記念に子供にあげることが出来る。

・誕生日の飾り付けには誰でも好むキャラクタを自由に貼り付けられる。

・誕生日に持ち帰る事ができる友達へのお礼にも使える。

・誰も持ち帰らない時は、来年以降の使い回しも可能。

勿論我が家は、パーティーをしていないので、姉妹で同じ事ができる汎用性が持てました。

すると、上の子的にも差別感がなく、安心があるようでした。

特別扱いという心の傷を避けるためにも飾り付けは、風船より汎用性のある手作り。

これが、実際に100均を使った簡単な作業で不安を払拭出来た方法だった。

こう私たちは振り返りながら感じています。

実際に作る方法についても、上記の1歳誕生日飾り付け体験記にて、ご紹介してます。

どれも、そんなに手の込んだ作業ではなく、パソコン、プリンター、コピー機等の多くの方が特殊と思わない環境で準備出来ます。

ぜひ貴方のお子様用の誕生日飾り付けにも風船以外の方法としてお役立て下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読み進めて頂きありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ