赤ちゃんの正月過ごし方お出かけ編初売りや外出注意点体験記

赤ちゃん正月過ごし方お出かけについて、この記事をご覧頂きありがとうございます。

赤ちゃんとの正月過ごし方ってすごい暇なのか心配!」

20代30代でまだ体力の余るパパママにとっては、赤ちゃん正月過ごす事もストレスの原因なんて心配も多い現代。

実際に、赤ちゃんとの正月の過ごし方には以下のような悩みが多いのです。

赤ちゃんとの正月過ごし方おでかけに初詣は行ける?

赤ちゃんとの正月過ごし方おでかけに初売りに行きたい!

赤ちゃんとの正月過ごし方おでかけしても大丈夫?

こんな外出をメインにしながら、初詣や初売り、親戚との集まり等帰省における心配も多い現代。

私のサイトは、2児姉妹の子育て体験を通じて、赤ちゃんから幼稚園児に至るまでの新米パパママの悩みや育児ストレス解消のために各記事をご紹介してます。

サイト管理人2児ママに変り、この記事は夫が担当します。

赤ちゃん正月過ごし方お出かけと言う選択ついて、我が家が体験した事や感想等を含めて、この記事では以下の内容を掲載しています。

赤ちゃんとの正月の過ごし方に多い育児ストレスと解消のコツ

赤ちゃんとの正月の過ごし方で初詣は大丈夫?

赤ちゃんとの正月の過ごし方で外出計画時の注意点

赤ちゃんとの正月の過ごし方|お出かけに旅行計画は早い?

お出かけを出来ない状況ではない生後数ヶ月以降の赤ちゃんをお持ちの方には、少しでも準備や失敗後悔対策としてもお役立て下さい。

赤ちゃんとの正月の過ごし方に多い育児ストレスと解消のコツ

赤ちゃんと正月の過ごし方育児ストレス

赤ちゃんと正月の過ごし方をまだ第1子で全く想像が出来ない新米パパママにとっては、育児ストレスになる方も多い現代。

実際に、20代30代の夫婦げんかになりやすい要素や育児ストレス解消のための方法をまずはご紹介していきます。

赤ちゃんと正月の過ごし方と育児ストレス|よくある夫婦げんかの原因

赤ちゃんと正月を過ごす。

この言葉をまだ20代や30代の世代には、のんびりした正月という雰囲気が受け入れ難い方もいらっしゃるのが現実。

そして、新年早々の夫婦喧嘩にまで発展してしまう原因にもなりかねないのです。

具体的には以下のような悩みが赤ちゃんと正月の過ごし方では見受けられます。

・赤ちゃんがいない正月の過ごし方は毎年旅行と決めていた流れが断念された年。

・赤ちゃんがいない正月の過ごし方はいつも遅くまで飲み歩きをしていた夫の万年行事意向。

・赤ちゃんがいない正月の過ごし方には毎年初売りセールに走っていた妻の万年行事意向。

簡単ですよね、つまりは、赤ちゃんがいない時の習慣を急に変更する事が受け入れにくいという考え方で始まる衝突が原因になっているのです。

このような場合は、対策は1つだと思います。

どちらか一方を許す事はせず、必ず夫婦双方のやりたい事を認める条件を作る。

赤ちゃんが居る正月の過ごし方を赤ちゃんを障害のように扱ってはいけません。

だからといって全て巻き込む事も要注意!

だからこそ、しっかり夫婦の話し合いから育児ストレス解消の条件を作っていきましょう。

赤ちゃんと正月の過ごし方と育児ストレス|卒乳のタイミング

赤ちゃんと正月の過ごし方を考える上で、育児ストレスになりやすいのは、ママの状況にも多いです。

典型的な例は、卒乳のタイミングとして使うべきかどうか?

・そろそろ冬の寒さが厳しいし、夜間起きるのが辛いから卒乳も考えたい。

・冬の寒さに対して、少しでも赤ちゃんの完母を継続してあげた方がいいのでは?

自分の体力的な条件、夫の休み、正月の親戚周り等の状況、こうした条件から、完母の妻が、他人を気にして母乳を与える事も嫌がる事もあります。

こうした場合は、正月になってから検討しない事が最も重要。

せめて2週間程度前から、夫婦でじっくり話し合いましょう。

夫の意見を聞くというよりも、どう受け入れてくれそうかを考えてみて下さい。

全く受け入れられない様な状況であれば、新年早々の意見衝突を避けることも検討材料になると思います。

できるだけ赤ちゃんの正月過ごし方に卒乳リズムが見込める場合は、卒乳をクリスマス前には宣言して決めておく。

これが、育児ストレス解消のコツに必ずつながってくると私も経験上、妻の悩みを聞いていて確信しています。

赤ちゃんと正月の過ごし方と育児ストレス|移動手段

普段が平日休み。

こんな夫婦にとっては、些細な買い物、近所で夫婦一緒に行ける初売り店舗でさえ、移動手段がストレスの原因になることも有ります。

・電車も大混雑をしてるだろう!

・道路もやはり混雑が必須の通りばかり。

・ベビーカーや抱っこひもで、移動するのも大変そう!

こうした悩みをもつと、外出そのものも嫌になるケースが育児ストレスとしても直結してしまう事も多いです。

この課題の問題解決方法は簡単!

赤ちゃんとの正月の過ごし方で外出しなくても良い準備をネットの買い物で事前に全て片付ける。

確かに、多少新年セールの方が安い物もあると思います。

しかし、育児ストレスにつながるような外出をして買い物をしても楽しみは半減してしまいます。

だったら、全て買い物をネットで済ませて、買い物に行く手間を省くことで、ストレスを解消することは現代には十分可能な事。

だからこそ、無理な外出計画を立てない。

こんな考え方と、家での過ごし方のために、DVD宅配レンタル等も活用して過ごすことも方法の1つだと同じ赤ちゃんとの正月を2度体験したからこそ伝えたいのです。

今ご紹介しているのは、あくまでも一例。

実に様々な些細な見解相違が赤ちゃんとの正月の過ごし方にはあると思います。

1つ1つ考え方の視野を広げて、少しでも今年だけの悩みだと思って対処してみて下さい。

歩けるようになったり、自分で意見を言えるようになった時はまた赤ちゃんとの正月とは違う育児ストレスがありますから。

では続いて、外出を前提とする中で、特に寒さを体験し易い初詣や新年初売りという課題について、注意点をご紹介していきます。

 

赤ちゃんとの正月の過ごし方で初詣は大丈夫?

赤ちゃん正月過ごし方と初詣や初売り

赤ちゃんとの正月の過ごし方で、親戚周りをしていても、習慣化している行事の1つに初詣があります。

・近所に有名な神社がある。

・安産祈願もした神社だった!

・お守りを返しに行きたい!

安産祈願をした経験を持つご夫婦や奥様なら、やはり再度足を運びたくなる気持ちも芽生えやすいですね。

ですが、赤ちゃんがいる初詣は全く違う景色になり、リスクもあります。

注意点をよく見る光景からご紹介していきます。

赤ちゃんと正月の過ごし方で初詣はかなり難関!

近所の小さな神社に行くだけ。

こんな気持ちで出かける方も多いと思います。

しかし、赤ちゃんとの過ごし方ではじめての初詣となると話は別。

以下のような準備は絶対に避けて頂きたいのです。

・ベビーカーで挑戦する初詣。

・着物を着ながらの初詣。

・元旦初日の早い時間に向かう初詣。

この3つは、独身や妊婦事態とは全く違う赤ちゃんと過ごすという言葉を痛感する失敗後悔原因。

単純に、以下のような想定が必要になるのです。

初詣にベビーカー持参で赤ちゃんと行くリスク

・階段や段差、人混みの中で足元が見えにくい悩みに直面する。

・赤ちゃんが泣いた時の対処が人の流れがある時は退避する事も困難になる。

・赤ちゃんが抱っこを要求した際は、完全にベビーカーが荷物となる。

腰が痛くなるから、押してるだけなら簡単。

こんな安易な決断で、赤ちゃん連れの初詣をベビーカー持参という選択だけは、かなりストレスの原因となりますので、注意して下さい。

初詣に着物を着て赤ちゃんと行くリスク

せっかくの赤ちゃん連れの家族での初詣なら、着物を着て記念撮影したい!

こんな思い出つくりをしたい方も居ると思いますが、しょうじきあまりおすすめできません。

何故か?

以下のようなリスクを考えてみてほしいのです。

・抱っこを旦那や家族が対応して嫌がった時は?

・ベビーバッグからの荷物の出し入れは着物を着ながらでも可能ですか?

⇛単純に、全て夫や家族が協力を万全に出来る条件が整わなかった場合のリスクは高い。

このような事情を当然赤ちゃんと過ごす上ですから、想定範囲内にしておくべきなのです。

さらに、人混みという赤ちゃんの不慣れな環境と寒さも有ります。

ですから、自由がききにくくなるような着物での記念撮影を兼ねての初詣は十分注意して頂きたいのです。

初詣に赤ちゃんと朝早くから行くリスク

大人は、万全な防寒対策をすればそれでいいかもしれません。

しかし、赤ちゃんがまだ靴も履いていない状況で、新年最初の朝の寒さをいきなり体験させるのはあまり懸命なこととは言えません。

その根拠は?

・冬の病気(風邪、インフルエンザ等)が持ち込まれている環境である想定。

・朝の時間の外出に慣れていない赤ちゃんへの気温への対応力の問題。

・睡眠中だとすると体を冷やしやすい環境へ連れ出す結果になりやすい。

このように、正月と思っているのは大人だけなのです。

赤ちゃんからすれば、よくわからない環境に大人の都合で勝手に連れ回されている状況が初詣。

こんな環境でさらに、体に悪いような条件が多い条件を作られては、かわいそうなケースも多いです。

「だったら、抱っこひもして、防寒対策させればいいだろう!」

この考え方は、混雑をしていない状況だからこそ可能性がある考え方。

前提条件にはしないことを強くおすすめします。

では最後に、赤ちゃんと正月の過ごし方の中で、外出する計画を立てる際の注意点をご紹介していきます。

 

赤ちゃんとの正月の過ごし方で外出計画時の注意点

赤ちゃん正月過ごし方外出注意点

赤ちゃんとの正月の過ごし方に、外出を前提として計画を立てる際に注意しておくべきことを体験からご紹介していきます。

赤ちゃんがいる!

この条件が、どんな時想定外を作りやすいのか?

少しでも第1子のパパママは、失敗後悔をしないためにもお役立て下さい。

赤ちゃんとの過ごし方で正月の外出計画注意点1.設備確認

赤ちゃんと正月を外出して過ごし方を模索している方にとって、最初に確認すべきは、施設配備の状況。

具体的には以下のような対象は確認しておきましょう。

・授乳室の有無。

・おむつ交換台のあるトイレの有無。

・ベビーカー貸出サービスの有無。

正直、最初からベビーカーありきの正月の赤ちゃんとの過ごし方は、混雑が予想される場所ほど避けるべきです。

最初は、ベビーカーなしの買い物出来る環境を優先していきましょう。

そして、現地で購入したいものがなければ、すぐに帰宅できるようにしておくことが重要なのです。

帰省等で向かう先では、ついついこうした情報を現地に住む人に聞けばいい!

こんな感覚の方も多いですが、実際に赤ちゃんが居る人が気にする視点で、親戚が私生活を送っているとは限りません。

まずは自分たちで情報収集をしていくことを強くおすすめします。

赤ちゃんとの過ごし方で正月の外出計画注意点2.選択肢

正月の過ごし方では、想像以上に混雑している事もあれば、想像以上に空いていると言うケースも当然あります。

赤ちゃんを連れて、想像以上に混んでるスポットに足を踏み込むのは、リスクが高いですよね?

ですから、混雑を現地で確認した際、予備の予定を作っておくことを強くおすすめします。

具体的な行動としては、以下のようなイメージを持っておくと対処的にもストレスを感じるリスクを減らすことが出来ます。

・駐車場までの大渋滞に気付いた時点で進路変更するスポット確保。

・赤ちゃんの授乳やおむつ交換用予備スポットを確保。

⇛必ず最後の帰宅予定時間を決めて、長時間赤ちゃんにストレスを与えないよう配慮。

正直、赤ちゃんとはじめての正月で買い物などをする時は、想像以上に疲れます。

・歩く速度

・買い物出来る環境の少なさ。

・見たいと思った時赤ちゃんの気分による中断。

とにかく、独身や妊婦時代とは全く別物。

ですから、柔軟に変更可能な逃げ道を確保する事が、確実にストレス対策に繋がります。

赤ちゃんとの過ごし方で正月の外出計画注意点3.服装

赤ちゃんとの過ごし方で正月の外出をする服装も十分注意してあげて下さい。

大人の防寒対策と同じ感覚で準備をすると、汗だくになってしまうケースもあります。

詳しくは、赤ちゃん冬のお出かけ服装注意点にてご紹介してますので、お役立て下さい。

クリスマスを終えて、寒さ本番になり始める事も多い正月シーズン。

万が一のために外出時の持ち物は、地域を問わず、受給者証や保険証、お薬手帳等の持参を忘れないで下さい。

では続いて、赤ちゃんの正月お出かけに旅行計画!なんて方の為の注意点をご紹介していきます。

 

赤ちゃんとの正月過ごし方|お出かけに旅行計画は早い?

赤ちゃん正月過ごし方お出かけに旅行は?

・年末年始の休みは毎年10日程度。

・赤ちゃんと正月にお出かけは遠出をしたい!

こんな旅行計画を立ててる方もいらっしゃいます。

では実際に、赤ちゃんとの正月お出かけで旅行計画を建てるという事について、旅行体験から感じた事をご紹介していきます。

赤ちゃんと正月のお出かけで旅行計画注意点1.宿泊先

赤ちゃんと正月のおでかけを家族旅行にしたいと思ってる方に、まず注意してほしいのが、宿泊先選び。

具体的には以下の内容を十分チェックしておくことをおすすめします。

「赤ちゃんを添い寝にしても、寝付きやすい環境か?」

いきなり環境と言う文字を使うのには、理由があります。

赤ちゃんとは言え、自分にとって寝心地の良い体制になっていない時は、寝起きがあります。

この寝起きを防止する上では、やはりベッド、布団等の硬さや寝心地も関係すると私たちは強く感じました。

そのきっかけは、布団で寝かせた時とベッドで寝かせた時がかなり違うことでした。

我が家の下の子は、生まれてすぐからベッド生活。

すると、布団で寝かせたりすると、すぐ昼寝も起きてくることが多いんです。

よって、寝慣れたベビー布団等があれば最悪持ち込みも考えた寝心地に配慮する。

これが、最初に赤ちゃんとのおでかけを正月という寒い時期の旅行として考えるからこそ配慮してあげてほしいのです。

赤ちゃんと正月のお出かけで旅行計画注意点2.食の環境

赤ちゃんはまだ自由な食事が出来ませんよね?

そして、大人は食を楽しむのも旅行の醍醐味。

赤ちゃんが居る正月お出かけに旅行計画をするなら、食に対しては以下の配慮が大切です。

・客室での食事が可能か?

・ベビーフードの持ち込みなどは可能

・アレルギー対応はしているか?

このような旅行先での各施設をはじめとして、食事が可能な環境整備を徹底的に調べておくことをおすすめします。

我が家の2児姉妹は、アレルギーがあり、この類は旅行計画に必須の状況となっています。

ですが、やはり安全に旅行を楽しみたい為に、大切な事であり、全く対応できる場所が無いという経験もしていません。

しかし、行き当たりばったりの正月旅行計画では、混雑に巻き込まれて自由を失い兼ねません。

「食の環境」に対する調査は明確化して計画しておくことを強くおすすめします。

赤ちゃんと正月のお出かけで旅行計画注意点3.移動時間

赤ちゃんと正月のおでかけを旅行として考える時、注意してほしい3つ目は移動です。

・車の移動なら渋滞。

・新幹線の移動なら満席率

・フライトによる移動ならロビーの混雑確認

大人は衣類の着脱や環境把握から我慢もできます。

しかし、赤ちゃんからすれば、連れ回された挙句、結果的には家でお昼寝する快適な環境や授乳のタイミングをずらされただけの子も沢山居ます。

肝心なのは、移動先での旅行プランだけでなく、年末年始旅行という流れの中での誤差に対する赤ちゃんのストレス配慮。

なぜ移動が大前提なのか?

移動をする事事態に赤ちゃんが疲れる事はいくつもあります。

・標高の変化。

・車の流れで、頻繁に止まる際の寝付きの悪さ。

・新幹線満席時の抱っことベビーカーの繰り返しや車内温度。

このようなただ連れ回されてる環境だけでなく、生活リズムの乱れもストレスの大きな原因になります。

赤ちゃん時代の思い出作りに正月のお出かけは旅行。

この気持ちが、勝手な親のエゴになるだけの環境だけは避けなければいけない。

ですから、赤ちゃんを主軸にした環境への配慮を以上の3つからもう一度見直してあげてみて下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

赤ちゃんと過ごす正月には、帰省という内容もあります。

赤ちゃん正月帰省の辛い体験への心の準備,タイミングはいつ?もご紹介していますので、興味がある方はお役立て下さい。

赤ちゃんの正月用写真撮影や年賀状準備もあります。

赤ちゃん正月写真撮影や写真付き年賀状準備体験記もご紹介していますので、お役立て下さい。

赤ちゃん正月の衣装ってどうしますか?

赤ちゃん正月衣装をお出かけ先ごとに注意点まとめにて、ご紹介してますので、お役立て下さい。

この他にも、赤ちゃんの名づけから0歳代の内容については、

赤ちゃん名前生命判断から0歳子育て姉妹体験記まとめ

にまとめてありますのでよろしければこちらも読み進めてみて下さい。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ