赤ちゃんの名前画数と診断に迷う時の失敗後悔対策体験記

赤ちゃん名前画数判断という課題について、この記事をご覧頂きまして有難うございます。

赤ちゃんの名前を付ける時、

姓名判断の中で迷う時どうしたらいい?

姓名判断の画数と使いたい字に迷った時は?

こうした悩みをお持ちの親御様も大変多いと思います。

私達も実際に赤ちゃんの名前を決める際に一番悩んだのが画数と漢字選びでした。

赤ちゃんの子育てについて、少しでも私達の体験から救える情報があるなら配信したいという思いからサイト運営をしております。

サイト管理人2児ママの旦那がこの記事を担当しています。

この記事では、赤ちゃんの名前に画数による判断で迷った時のために、

赤ちゃんの名前で画数と姓名判断の特徴

赤ちゃんの名前で画数とよくある判断の失敗後悔

赤ちゃんの名前で画数と姓名判断を決めた私達の体験記

以上の内容について、ご紹介してますので、まずはこういう赤ちゃんの名前の決め方も有るんだ!という発見のためにも活用してみてください。

赤ちゃんの名前で画数と姓名判断の特徴

赤ちゃん名前の画数と姓名判断の特徴

赤ちゃんの名前を姓名判断でいい名前にしてあげたい!

この考え方をもつ親御様は私達だけではないと思います。

しかし、

字画を考えながら、自分たちの名前に使いたい漢字に迷う方も多い現代。

そこで、

まずは、画数と姓名判断の特徴からご紹介していこうと思います。

赤ちゃんの名前画数を姓名判断で見る特徴1.漢字の字体

赤ちゃんの名前の画数を姓名判断で調べる。

この作業の際に注意しなければいけない1つが字体を選ぶ設定の有無。

実際に私達が赤ちゃんの名前を姓名判断で見ていく時もこの課題に直面しました。

「新字体と旧字体」

この選択をしていくサイトとしないサイトが有ります。

新字体と旧字体の確認の必要性については、常用漢字で見るという考え方もあります。

よくある漢字の悩みでは、渡辺という漢字に「渡邉」もある。

日本語の漢字には、実に漢字として新字体による名前も数多く存在します。

姓名の中でも、特に姓については、要注意。

姓名判断の画数の中で、「天格」という背負う画数に非常に影響力を持ちます。

よって、

しっかりと自分の名前の中でも苗字の漢字は正確に把握をする。

これが、姓名判断の画数を用いた赤ちゃんの名前選びには重要となります。

赤ちゃんの名前画数を姓名判断で見る特徴2.2語3語

名前の付け方には、一文字二文字三文字という様々な文字数の差があります。

この影響を受けるのが、人格や外格という部分。

付けたい名前の響きと漢字が合わない。

この場合は、特に慎重に文字数と姓名判断の中でも外格や地格に注意して下さい。

赤ちゃんの名前画数を姓名判断で見る特徴3.判断力

結果的に、的中率何%という言葉で表記されてるサイトも中にはあります。

しかし、

付けたい名前と将来性の不安。

この2つから葛藤する人たちも数多く存在するのです。

結果は、どの程度当たるのか?

この探究心も大切ですが、過去の記事でもご紹介したように完璧性を求めてもなかなか決まりません。

最後に判断すべきは、あなたが与えたい名前によるうちに秘めた支えの意味。

こうした考え方で決断をしてあげて下さい。

赤ちゃんの名前が最良であったとしても、

・子育ての環境や外的要素からも変化を受けやすいリスク。

・子育てをしている中で、自分で解決出来る潜在的な力。

・赤ちゃんの名前の画数を将来自分で見た時に安心できる結果。

こうした角度から赤ちゃんが育ち、成人した時、安心できる名前であることの方が重要だと私は思います。

ぜひ特徴を知り、少しでも決断の勇気をもつきっかけの1つとして参考にして下さい。

では続いて、

赤ちゃんの名前を画数と判断に迷った結果、失敗後悔になった事例をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの名前で画数とよくある判断の失敗後悔

赤ちゃん名前の画数と姓名判断のよくある失敗後悔

赤ちゃんの名前を姓名判断の画数で判断したのに、失敗後悔した!

こんな事例になる方のよくある悩みをご紹介していこうと思います。

赤ちゃんの名前画数を判断に失敗したと考えた理由1.メディア

私達も実際に、失敗とまでは思いませんでしたが、実際につけた後に少し後悔した瞬間もありました。

それは、

芸能関係に同じ響きの名前の方がいた。

そして、

その芸能人はあまり私達が好む方ではなかった。

漢字は一文字も同じ文字を使っていません。

しかし、

名前というのは、響き。

結果的には、「芸能人と同じ名前だね。」こんな言葉を何人から頂きました。

正直、「ちょっと可哀想だったかな?」と思えた事もあります。

あなたがもし、画数と判断に迷った時、少し考えてあげて欲しいのです。

「この子は、この名前でからかわれてしまわないか?」

ぜひ、親心の1つとして、準備してあげて下さい。

赤ちゃんの名前画数を判断に失敗したと考えた理由2.キャラクター

私の知人に、この体験をした方がいます。

この方は、もう昔の時代に流行したアニメに出てきたことの有るキャラクターと同じ漢字を使って名前をつけました。

「字画があってたし、いいと思うんだよね。」

親心としても、姓名判断の字画からもいいと思いました。

しかし、

現実は全く違う形で、お子さんを苦しめてしまったんです。

たまたまその過去の作品が、メディアにより、再注目された事がきっかけでした。

「お前の名前、あのキャラクターと一緒?まさか親ってオタク?」

こんな表現から、子供が受けたのはまさに屈辱としか言いようが無い親への悪口。

お子様は、両親を大好きだったいい家庭でした。

結果、この子は、この言葉に怒りを抱え、精神的なストレスを大きく抱える結果になりました。

名前は、背負うもの。

この表現を他の記事でもよく使っています。

まさか、という言葉に該当する失敗後悔の原因かも知れませんが、実際に私の身の回りで起こっています。

十分慎重になって良い事例だと思います。

赤ちゃんの名前画数を判断に失敗したと考えた理由3.恥ずかしい

現代には、赤ちゃんの名前も実に様々な種類?が存在しています。

・車種と同じ名前。

・ディズニーキャラクターの名前

・人気ランキングによく出る名前。

・外人風の響きがあると思われる名前

あて字と言わざるをえない漢字を使い、読み方を工夫した名前の数々。

「結果的に、読まれる時に読めるのか?」

こんなことを意識して画数と判断材料を絞り込まれた名前。

しかし、

「名前が変わってるけどハーフ?」

日本国外からの移住者も増えた現代の日本。

まだまだハーフやクオーターという響きになれない人も多い実態。

こうした中で、突如自分の周りに変わった名前が出てきた時、子供も周りも戸惑っているのが実態。

もっと時代が進めばこの響きや漢字による姓名判断も薄れる時代が来るかもしれません。

しかし、

日本人の名前という中に必ず存在するのが、姓の漢字。

姓の漢字に合う名があるからこそ、画数にも意味が出ます。

変わった画数の組み合わせで、「名前だけにこだわる」。

結果的には、将来的に恥じるケースも有る。

これが私が身の回りでもよくある赤ちゃんの名前についての画数と姓名判断に関わる失敗後悔となります。

では最後に、

私達が実際に、2人の赤ちゃんの名前を決める際に考えた体験をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの名前で画数と姓名判断を決めた私達の体験記

赤ちゃん名前の画数と姓名判断体験記

実際に、私達夫婦が二人の子供に対して、名前を決めた際の画数と判断についてご紹介していきます。

赤ちゃんの名前画数と判断の決断要素1.陰陽

姓名判断を画数で行う際に必ず出てくるのは、1文字が該当する陰と陽。

姓名判断は、全体のバランスを含めて、陰と陽により大きく変わってきます。

例えば、

・陰と陰で出来た姓における凶。

・陰と陽で出来た名における大吉。

・姓の上の文字が陰、名の下の文字が陰で大吉となる画数の外格。

このように、陰と陽が必ずセットになっていないと凶という事にならないのです。

結果的に、総合的に五行・三才によりバランスを整えるのが赤ちゃんの名前の画数で考える姓名判断。

よって、

私たちは、陰陽のバランスを見ながら、画数をまずは考えました。

赤ちゃんの名前画数と判断の決断要素2.漢字単体の意味

画数というのは、漢字を用いるからこそ気になる悩み。

そこで、

名前に使う上で、相応しい意味になるのか?

この点も画数と姓名判断で大切にしました。

例えば、たまひよの赤ちゃん名前ランキングに掲載される男の子の名前1位は「はると」。

しかし、

漢字は実に様々な組み合わせが存在します。

・陽翔

・陽斗

・悠斗

・遙斗

このように、同じ響きにも多数の漢字が当てはめてあります。

1.響きから、漢字を選ぶ。

2.漢字の画数から、姓に合う文字を探す。

これが、私達が実践した赤ちゃんの名前の画数選び。

3.最後に、1文字ずつの意味で好ましい字を使う。

この方法なら、きっと誰でも簡単に響きから名前を決められると思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

赤ちゃんの名前画数については、

赤ちゃん画数や姓名判断を考えた体験まとめ

にて、その他の角度からもご紹介しています。

また、赤ちゃんの名づけから0歳代の内容については、

赤ちゃん名前生命判断から0歳子育て姉妹体験記まとめ

にまとめてありますのでご興味があれば読み進めてみて下さい。

最後まで記事をお読みいただきまして有難うございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ