生後3 ヶ月赤ちゃんの睡眠時間姉妹比較体験記

生後3ヶ月赤ちゃん睡眠時間は寝すぎ?寝てない?体験記

3ヶ月赤ちゃん睡眠時間について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

赤ちゃん睡眠時間の中でも生後3ヶ月頃というと、

・睡眠時間が多すぎるのでは?

・昼寝をしないし、寝ない子だなぁ。

・夜寝ないのに昼寝はしっかりする。

このような昼夜逆転を含めて、様々な睡眠時間についての悩みがありますよね?

このサイトは、2児の子育て体験を通じて、これからのパパ・ママに少しでも情報共有を目的に立ち上げました。

サイト管理人に代わりこの記事はパパが担当します。

赤ちゃん3ヶ月睡眠時間で私達が体験した子育てから、この記事では、

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間上の子体験記

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間下の子体験記

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間昼夜逆転対策実践記

以上の内容についてご紹介してますので、寝ない、寝すぎを含めて子育ての悩みの参考にお役立て下さい。

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間上の子体験記

赤ちゃん生後3ヶ月睡眠時間2児子育て体験記

赤ちゃんが生後3ヶ月になった。

新生児時代だったのにあっという間に3ヶ月になってしまった。

でも、気付いたら、うちのこは寝すぎ?起きない!なんて悩みを抱えた上の子。

生後3ヶ月の赤ちゃん?寝る子は育つの典型例だった驚きの睡眠時間

赤ちゃんとして生後3ヶ月を経たなら、それなりに何か表情を動かす事をし始める。

しかし、寝顔ばかりを見る事が多かった我が子。

・パパが行ってきますの時も寝てる。

・パパがただいまの時も3日に1回面会。

・パパとお風呂に入る時間は起きて風呂あがりには寝てる。

こんな生活でした。

全く寝てる姿以外見ていない。

実は私もそうだったそうです。

睡眠時間を妻に聞くと、

「せいぜい起きてる時間は、午前2時間、午後4時間位かな。後はほぼ寝てるよ。」

起きてる時間数えた方が早いほどの睡眠時間。

本当にこんな状態で大丈夫か?

親の勝手な心配は全く問題ありませんでした。

もう既に3歳になった上の子。

生後3ヶ月の成長や睡眠時間の長過ぎる心配は全く問題ありませんでした。

同じような習慣で睡眠時間が長過ぎると悩むパパママが居たらどうぞご安心下さい。

次は、下の子を見ていきましょう。

 

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間下の子体験記

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間下の子子育て体験記

上の子が2歳児時代に誕生した我が家の第2子。

上の子とは違い、睡眠障害になるような兄弟が居る状況にどんな睡眠時間の変化があるのか?

心配する親をあざけわらうかのように下の子の睡眠時間もたいしたものでした。

生後3ヶ月の睡眠時間はまさにタイマー!下の子育児体験

生後3ヶ月になった時、もうじき3歳になろうとしていた上の子。

元気にはしゃぎ回るし、テレビはつけるし、踊るし、騒ぐ。

さてこの状況に下の子は、どんな睡眠障害状態になるのか?

「2階の寝室に寝かしてあげた方がよく寝られるのでは?」

こんな心配を私はよく妻に話していました。

しかし、実際には、こんな心配はまったく要りませんでした。

・6時~7時にきっちり起き、3,4時間後にはお昼寝モード。

・1時間半程度のお昼寝後に、授乳や手遊びを済ませ、お昼の授乳後また熟睡。

・今度は1時間程度のお昼寝から目を覚まし、不機嫌モード。

・ぐずぐずを繰り返し、3時間程度経つとまた熟睡。

・夜には授乳を済ませてる間に夕飯を家族が済ませて、お風呂へ。

・お風呂あがりは、授乳しながら、もう爆睡。

こんな睡眠時間になっていたんです。

つまり、上の子より起きてる時間は長い。

しかし、夜9時にはしっかり寝ていたため、睡眠時間として12時間以上は寝ている

こんな生活になっていました。

上の子が睡眠を邪魔したお昼寝の寝起きはすこぶる機嫌悪子!

上の子も赤ちゃんかわいいね。なんて言いながら、相手をしたいお年ごろ。

この状況で起こされてしまうと、一気に機嫌は絶不調。

授乳も遊びも効果無しで、抱っこタイムでした。

抱っこしてれば大人しい代わりに家事ができない妻。

こんな睡眠時間の規則正しい子だった分、ペースを乱されると、大変です。

もし、あなたの赤ちゃんも同じように規則正しいと思った時は、ぜひ寝起きに注意してあげて下さい。

上の子も下の子もよく寝る子。

これが私達が子育てをしていてある意味楽をさせてもらえた結果。

しかし、この睡眠時間が長い環境は、私たちに別の悩みを生みました。

昼夜逆転対策をご紹介していきます。

 

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間昼夜逆転対策実践記

生後3ヶ月赤ちゃん睡眠時間長い時の対処法

特に、起こすという事をする対処は、生後3ヶ月の頃は全く不要と考えました。

そもそもお腹の中で10ヶ月という時間を過ごしてた時の方が長い赤ちゃん。

朝昼夜を認識するのも難しいはず。

だけど、昼夜逆転だけは怖いと思っていた私達。

そこで、単純でもしっかり心がけておいた睡眠時間の邪魔前提対策をご紹介していきます。

生後3ヶ月赤ちゃんの睡眠時間が長い時の対処法は気遣い無用!

生後3ヶ月の赤ちゃんが寝てるんだから、静かにしてあげなきゃ。

こんなパパママも多いはず。

しかし、私たちは全く逆の行動に出ました。

・日中の昼寝では、日差しを受けたままで寝てもらう。

・西日が眩しい時間はカーテンを締めるが電気は付ける。

・掃除機や洗濯機、食洗機等の音が出るものも普通に使う。

このように普段と何も変わらない日常の生活を赤ちゃんの昼寝タイムに実施しました。

結果的には、上の子は全く無反応。

下の子は、時々起きました。

すこぶる機嫌悪くなっても、また抱っこしてれば解決する。

こんな親の覚悟さえ固まってしまえば、対応もスムーズ。

赤ちゃんの睡眠時間が昼に偏り、夜寝ない方が修正が大変だ!

私たちは、下の子の時は、規則正しかったので、昼間の寝過ぎと夜の逆転を心配をしました。

こうして下の子も1歳4ヶ月になった現時点(この記事を書いている時期)。

今でも普通に昼寝をする下の子。

午前も午後も1回ずつ昼寝をしています。

パパ・ママには、この記事を通じて、少しでも寝すぎは大丈夫である事を伝えたい。

こんな結論を伝えながら、この記事を終わりたいと思います。

この他にも私達が体験して失敗後悔もした昼寝や睡眠時間については、

赤ちゃんの冬の服装寝る時注意点や失敗体験記

等もご紹介してますので、生後8ヶ月9ヶ月に冬を迎える赤ちゃんをお持ちの方は同じ条件。

少しでも、周りの赤ちゃんの子育てブログを見るつもりで、お役立て下さい。

また、赤ちゃんの名づけから0歳代の内容については、

赤ちゃん名前生命判断から0歳子育て姉妹体験記まとめ

にまとめてありますのでよろしければこちらも読み進めてみて下さい。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ